頭部のリハビリ器具にUltra-Maを|ワールドブレイン

突然頭痛に襲われた時の対処法

突然頭痛に襲われた時の対処法

普段から頭痛に悩まされているという方の多くは、薬を使って痛みを和らげているでしょう。薬を使うのもいいですが、服用方法や服用のし過ぎは体に悪影響を与えることがあるため、薬に頼らないで痛みを和らげる方法を知っておくことも大切です。

暗い部屋で休む

急激な片頭痛に襲われた場合、暗い部屋で休むことで痛みが和らぐことがあります。片頭痛は光や音、においなどの刺激に敏感になることがあり、またそれらの刺激がさらに痛みを誘発させることもあるため、光やにおいといった刺激を避けて静かな部屋で横になり安静を保つことが大切です。

寝過ぎは良くありませんが、適度な睡眠によって広がった血管が元に戻るため、可能であればひと眠りするのもおすすめです。横になれない場合、椅子に座って静かにするだけでも痛みが軽くなることもあるので、ぜひ覚えておいてください。

頭を冷やす、温める

片頭痛の場合には、こめかみなどに痛みが出ることが多くあります。片頭痛は血管の拡張によって引き起こされるため、痛む部分や脳への血管が多く通る首の後ろなどを冷やすことで血管の拡張を抑えましょう。

緊張型頭痛の場合は筋肉が緊張することで痛みが出ることが多いため、肩や首のこりが原因の頭痛は、筋肉の緊張を解きほぐすために温めることが大切です。自分の頭痛がどちらなのかを把握し、自分に合った方法をお試しください。

ストレッチをする

ストレッチをする

仕事中に頭痛が現れる場合にはストレッチをしましょう。特に仕事や日常生活で同じ姿勢で居ることが多い方は、血行不良による頭痛が起きやすいです。ストレッチをして血流を促すことで頭部はもちろん、体全体の血流改善に繋がり、痛みが和らぎます。

痛みがない時でも合間にストレッチをすることで頭痛を予防することができるため、デスクワークが多い方などは意識してストレッチを行いましょう。

ツボを押して痛みを和らげる

私たちの頭部には、頭痛に効果的とされているツボがあります。例えば、「百会(ひゃくえ)」です。百会は頭の天辺の両耳と鼻を繋いだラインが交差する部分にあり、ゆっくりと適度な強さで刺激してあげると痛みが和らぎます。また、手の甲側にある親指と人差し指の付け根が交わっている「合谷(ごうこく)」、首の後ろの髪の生え際あたりにある「天柱(てんちゅう)」も頭痛に効くツボとして有名です。

当社では、リハビリテーション器具Ultra-Ma(ウルトラーマ)を販売しています。Ultra-Ma(ウルトラーマ)は、医療機器として活躍している頭部超音波マッサージャーMu-Ma(ミューマ)をさらに進展させたもので、脳の健康維持に役立ちます。これらのリハビリ器具は、高度管理医療機器販売からご購入頂けます。リハビリ器具に関するご相談やご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

リハビリ器具に頭部超音波マッサージャーを

リハビリ器具Ultra-Maは頭部マッサージャーとボディマッサージャーをご用意しております。

トップへ