アルツハイマー予防|医療機器・超音波マッサージャーを販売|ワールドブレイン

アルツハイマーを予防するには

今の日本は4人に1人が65歳以上という高齢化社会を迎えていることから、アルツハイマーに関心が高まっています。アルツハイマーを予防するには、どういったことに気をつければいいのでしょう。

食生活を改善する

食生活を改善する

食の欧米化が進んでいるということもあり、ジャンクフードやコンビニ弁当をよく食べるという方も多いでしょう。栄養が偏った食生活を続けると、糖尿病や肥満といった生活習慣病のリスクが高まります。

生活習慣病とアルツハイマーは深く関係することが分かっているため、アルツハイマーを予防するには生活習慣病を予防することが大切なのです。いつまでも若い脳を保つためにも、肉中心から魚と野菜中心の食事にし、外食をする時には栄養バランスの良いメニューを選ぶなど、食生活を改善するよう意識しましょう。

運動をする

運動をする

アルツハイマー予防には、適度な運動をおすすめします。ウォーキングやジョギングなど、軽めの運動でも血流が良くなりますし、有酸素運動を1日30分、週に3~4回行うことで、心身や脳細胞のリフレッシュに繋がります。

また、ウォーキングをしながら計算をする、友達同士でしりとりをしながら走るなど、運動をしながら同時に頭を使うことでより脳が刺激されます。運動をする人はしない人に比べてアルツハイマーの危険度が3分の1になるとも言われているため、今からでも運動を始めることをおすすめします。自分のペースで楽しく続けられる方法を見つけましょう。

人とコミュニケーションをとる

アルツハイマー予防には、積極的に外出したり友達を作ったりすることも大切です。他人とのコミュニケーションや交流は、アルツハイマーの最大の予防法です。他人との接触が少ない人は、接触が多い人に比べてアルツハイマーの発症率が8倍になるとも言われているため、積極的に人と関わるように心掛けましょう。

まずは、趣味を見つけてみてはいかがでしょうか。趣味を持てば新たな趣味仲間を見つけることができますし、それに夢中になったり集中することで脳にも心身の健康にもとても良い影響をもたらしてくれます。

当社では、超音波マッサージャーUltra-Maを販売しています。超音波の音響振動を頭部に当てて深部まで伝える健康器具で、リハビリ器具としてもお使い頂けます。脳の健康にも取り入れてみてはいかがでしょうか。超音波マッサージャーUltra-Maをお求めの際は、高度管理医療機器及び、特定保守管理医療器販売からご購入ください。

超音波の医療機器Ultra-Maを販売しております。

超音波マッサージャーUltra-Maは、高度管理医療機器及び、特定保守管理医療器販売からお求めいただけます。

トップへ