日常生活で脳を活性化させる方法

私たちの脳細胞は、年をとると共に減少していってしまいます。
そんな脳細胞の減少を予防するために、日頃から脳を活性化させましょう。

活字を読む

活字を読む

活字を読むことで、大脳の前頭前野が刺激されます。前頭前野には人間の思考や理性を制御する役割があり、ここが刺激されることで想像力や思考力が鍛えられます。特に音読がおすすめです。

音読をしている時の脳は、視覚で認識した意味を理解し、発声した言葉を聴覚で認識するという複雑な作業を行っているため、より活性化されるのです。こういった脳の働きはゲームやマンガではほとんど見られないため、脳の活性化には活字を読む読書がおすすめなのです。

食べ物はよく噛む

脳の活性化において、よく噛むということも大事です。噛むという行為は脳を緻密に使って、口周りの色々な神経や筋肉を働かす動作です。アゴの筋肉を動かせば動かすほど脳血流が増加し、脳全体を活性化させることができるのです。目安としては、一口30回以上です。1日3回の食事から、脳の活性化を考えてみてはいかがでしょうか。

音楽を聴く

音楽を聴く

ジャンルを問わず、好きな音楽を聴き、大きな声で歌うということは脳にとても良い影響を与えてくれます。音楽中枢は右脳にあり、日常生活では文字の認識や発語を担当する左脳を頻繁に使います。そのため、音楽を聴いたり歌を歌ったりすることで右脳を使うことが大事なのです。

好きな音楽だけを聴くのではなく、たまには普段あまり聴かないジャンルの音楽を聴いてみるのも良い刺激になります。

利き手とは逆の手も使う

脳は、右手を使うと左脳が刺激され、左手を使うと右脳が刺激されます。利き手ばかりを使っていると片方の脳はあまり使われないため、両方の手を使って両方の脳を活性化させる必要があるのです。コーヒーカップを持つ時、携帯やスマホを操作する時など、ちょっとした時に利き手とは反対の手を使うように意識してみてください。習慣化された動作ではなく、新たな体験をすることで脳は活性化します。

脳の活性化には、当社で販売する頭部マッサージャーUltra-Ma(ウルトラーマ)を取り入れてみてはいかがでしょうか。実際に超音波の音響振動を頭部に当てて深部まで伝える頭部マッサージャーを体験してみたいという方は、東京銀座オフィスにて無料体験ができます。当社の頭部マッサージャーは安心・安全にご利用頂けますので、興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

トップへ