モーツアルトの音楽が私たちの体に与えるもの

クラシック音楽を聴くと気持ちがリラックスしたり、体と心が癒されると感じることはよくあるでしょう。クラシック音楽は、癒し効果だけではなく脳を活性化させてくれるものとしても注目されています。

クラシック音楽と脳の関係

クラシック音楽と脳の関係

私たちの脳には左脳と右脳があり、それぞれの脳は違う働きをしています。左脳は理論的な思考、計算、言語などの役割、右脳はパターン認識や直感、ひらめき、創造力などの役割があり、私たちは日常的に左脳だけを使い、右脳を使うことはとても少ないということが分かっています。

しかし、脳の健康を維持するためには左脳と右脳をバランスよく使うことが大切です。そこでおすすめなのがクラシック音楽です。音楽を聴いて活発に働くのは右脳であり、クラシック音楽が右脳を刺激することで左脳を休ませてくれるのです。

クラシック音楽じゃなければいけない理由

クラシック音楽じゃなければいけない理由

音楽が右脳を刺激するのであればどんな音楽でも良いのではないかと考えてしまいますが、私たちが普段よく聴く邦楽や洋楽には歌詞があるため、ついつい左脳が反応してしまうことがあります。そのため、しっかりと左脳を休ませるためにはクラシック音楽がおすすめなのです。

クラシック音楽には1/fのゆらぎという独特の周波数があります。1/fのゆらぎは、小川のせせらぎやそよ風、小鳥のさえずりなど、自然界に存在するリズムです。心臓の動きも同じで、私たち人間の体のリズムも1/fのゆらぎでできていることから、クラシック音楽のゆらぎと体のリズムが共鳴し合い、脳と体をリラックスさせてくれるのです。

特にモーツアルトの曲がおすすめ

豊富にあるクラシック音楽の中でも、特にモーツアルトの曲がおすすめです。モーツアルトの曲は音の周波数が高い、ゆらぎが豊富、およそ12000Hz以上もの倍音がバランスよく組み込まれているという特徴があり、これらの音楽が内耳を効果的に刺激し、脳へのエネルギー供給がより多く、スムーズに行われるのです。

同じクラシックでも、ベートーベンとモーツアルトの曲を聴かせた後の周波を比較した際、モーツアルトの曲の方が脳が活性化したという研究結果もあるほどです。

当社では、頭部超音波マッサージャーUltra-Ma(ウルトラーマ)を販売しています。頭部超音波マッサージャーUltra-Ma(ウルトラーマ)は、イルカの超音波と同等のソフトな波長を脳の深部まで伝えることで頭部マッサージします。

また、付属の曲にはモーツアルトを内蔵しており、クラシック音楽が心身を癒します。銀座オフィスにて頭部超音波マッサージャーUltra-Ma(ウルトラーマ)の体験が可能ですので、超音波マッサージ機器が初めてという方、興味がある方もぜひお気軽にお試しください。

トップへ