認知症について|超音波で血管・血流の改善を目指す|ワールドブレイン

認知症の種類

私たちが普段よく聞く認知症には、様々な種類があります。

アルツハイマー型認知症

認知症の人の約60%がアルツハイマー型認知症で、認知症の中で最も多いとされています。アルツハイマー型認知症はアミロイドβやタウと呼ばれるタンパク質が脳に蓄積することで脳細胞が壊れ脳の萎縮が進行し、体の機能も徐々に失われる病気なのですが、なぜこうしたタンパク質が脳に蓄積されるのかは分かっていません。

アルツハイマー型認知症

そんなアルツハイマー型認知症は女性に多く、また認知症状の起こる数年前であっても比較的早い段階でその診断が可能であるという特徴があります。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症は、1970年代に初めて日本で発表された認知症です。脳の広い範囲にレビー小体という異常なタンパク質が溜まることで脳の神経細胞が徐々に減少していき、発症します。記憶障害が多いことからアルツハイマーやパーキンソン病に間違えられがちですが、決定的に違うのは初期から幻視が多く見られるということです。実際には存在していない子どもや人、小動物、虫などが本人には生々しくはっきりと見えているのです。

アルツハイマー型認知症とレビー小体型認知症の違い

アルツハイマー型認知症は女性に多く、レビー小体型認知症は男性に多いという違いがあります。また、初期症状も異なり、アルツハイマー型では一般的に「食事をしたことを忘れる」といったような記憶の欠落が症状として現れますが、レビー小体型は「部屋に知らない人がいる」などの幻覚症状が現れます。

病気の進行はレビー小体型の方が早く、動作が緩慢になる、体が硬くなる、手の震えなどのパーキンソン病に似た症状が比較的初期の段階で見られ、これはアルツハイマー型に見られないレビー小体型の特徴として挙げられます。

脳血管性認知症

血管性認知症はアルツハイマー型認知症に次いで多く、認知症の約20%を占めています。脳梗塞や脳出血などの脳血管障害の後遺症として発症し、脳血管障害で脳がダメージを受けた部位によって症状が微妙に変わります。男性の方が女性よりも多く発症し、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら進行します。

脳血管性認知症の主な症状として歩行障害や自発性低下、頻尿などがありますが、記憶力の低下が強いのに判断力や理解力などは問題なく保たれているなどの「まだら認知症」と呼ばれる独特の症状が見られることもあります。

前頭側頭型認知症

前頭側頭型認知症は、前頭葉や側頭葉が萎縮して起こる認知症です。多くは初老期に発症し、ピック病とも呼ばれています。

前頭側頭型認知症

前頭葉は意思や思考、感情、行動などのコントロールを司っており、側頭葉は味覚や聴覚、記憶力、判断力などの働きを司っていることから、前頭側頭型認知症では、「怒りっぽくなる」「頑固になる」「反社会的な行動をとる」などの人格障害が主な症状として現れます。

当社では、頭部超音波マッサージャーUltra-Maを開発致しました。血液の流れにアプローチするために微小の超音波マッサージを行い、体の機能を助ける役割を担う健康維持装置です。東京銀座のオフィスにて無料体験もできますので、実際に頭部超音波マッサージャーを体験してみたいとお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

認知症予防をお考えなら

超音波マッサージャーのUltra-Maで血管・血流を良くして、脳細胞の活性化を促しましょう。

トップへ