アルツハイマーとは|超音波で血流改善・脳細胞活性化を目指す|ワールドブレイン

アルツハイマーになりやすい人の特徴とは

アルツハイマーという言葉はよく耳にしますが、どういった人がアルツハイマーになりやすいのかご存知でない方も多いでしょう。予防のためにも、ぜひアルツハイマーになりやすい人の特徴を知っておいてください。

真面目な人

真面目な人

真面目な人というのは、一点集中的に脳を使っています。するとその使っている脳の部分が疲れたり、過度なストレスを感じることで上手く働かせることができなくなります。

また、ちょっとしたことでも悩んでしまい、心の中にストレスを溜めることが多いため、アルツハイマーになる危険性が高くなるのです。責任感も強いためつい自分の許容を超えて頑張り過ぎてしまう傾向にあるので、たまには適度に気を抜くということを覚えましょう。

アルコールに弱い人

お酒に弱い人や飲むとすぐに顔が赤くなる人は、アルツハイマーになりやすいと言われています。アルコールの分解は体内のアルコール脱水素酵素とアルデヒド脱水素酵素の2種類の酵素の働きによってなされますが、このうちアルデヒド脱水素酵素の働きが弱い人はお酒に弱い人です。アルデヒド脱水素酵素は遺伝子によって決定され、その遺伝子を持っていない人のほうが持っている人に比べてアルツハイマーの発症率が1.6倍高いという統計もあるのです。

高齢者

高齢者

人間の脳細胞というのは、加齢と共に減少しています。一般的に、80歳の人の脳細胞数は20歳の人の3分の2に減少していると言われており、年をとればとるほどアルツハイマー発症のリスクが高くなります。

特に60代になるとアルツハイマーになりやすいと言われているため、60歳以上の方は注意が必要です。

生活習慣病を患っている人

アルツハイマーは脳の病気や体の病気とは関係がないと思っている方も多いと思いますが、高血圧や糖尿病、高脂血症といった生活習慣病を患っている人はアルツハイマーになりやすいと言われています。もともと生活習慣病になる方は、運動不足や睡眠不足から血管や血液にダメージを与えています。それが脳に対して何らかの影響を与え、アルツハイマーになるリスクが高くなるのです。

当社では、頭部超音波マッサージャーのUltra-Maを販売しています。Ultra-Maは頭部に超音波を当て、微弱振動の刺激により、脳内の血流を良くして体の機能を助ける役割をします。リハビリ器具としてもお使い頂ける超音波マッサージャーUltra-Maをお求めの際は、高度管理医療機器及び、特定保守管理医療器販売からご購入ください。

アルツハイマー予防をお考えなら

超音波マッサージャーのUltra-Maで血流を良くして、脳細胞の活性化を促しましょう。

トップへ