眼精疲労対策について

パソコンやスマートフォンの普及により、目を酷使する時間が増えました。こちらでは眼精疲労対策についてご紹介致します。

眼精疲労について

目の痛みやかすみ、ぼやけや見えにくくなることを、疲れ目といいます。疲れ目は通常少し休憩すれば収まります。しかし休憩をとっても症状が治まらず、肩こりや頭痛を伴って長く続く症状を眼精疲労といいます。

眼精疲労は目の異常や老化(近視、遠視、乱視、老眼)からくるものや、パソコンの位置や明るさ、乾燥などからくる環境的なもの、ストレスを始めとする心的要因からくるものがあります。

悪化したら

眼精疲労が悪化すると強烈な目の痛み、つらい肩こり、ズキズキする重い頭痛、めまいや嘔吐などが起こり、睡眠をとっても回復できません。痛みにうずくまる方や、動けなくなる方もいます。動けなくなるほど重症の場合は、眼科で診察を受けましょう。

多少動ける場合は、蒸しタオルなどを利用して目を温めて目薬をさし、目の周辺のツボをマッサージしてみましょう。可能であれば首を回し、こめかみやおでこの周辺もマッサージします。頭全体をマッサージし、さらに後頭部と首の付け根部分を指圧すると、眼精疲労の改善が期待できます。

予防が大切

後頭部には視覚野と呼ばれる視覚と関わる部位が存在しています。そのため後頭部や首、肩のこりは、目の疲れと密接に関係しています。また視覚野のツボは目の横やこめかみ、耳の後ろ、首、肩、腕にまで広がっています。

そのため眼精疲労がひどくなると、腕までしびれることも珍しくありません。メガネの調整や環境を整えることも大切ですが、日頃から軽い運動や頭部マッサージを行い、眼精疲労の予防を行いましょう。

当社の開発した超音波マッサージ器は、ミューマを改良したのがウルトラーマ(Ultra-Ma)です。眼精疲労だけでなく、健康維持や美容維持のために幅広くご利用いただけます。超音波マッサージは力を入れずに、頭部の最深部までマッサージできます。当社が自信を持っておすすめする、超音波マッサージのウルトラーマを、ぜひご利用ください。

トップへ