超音波で脳のリフレッシュ

脳をはじめ、体の中は直接触れないため、マッサージをするには“音”を使います。

人が聞くことのできる周波数の上限は20kHz以下だと言われています。それより高い音を超音波と呼び、エコー検査などの医療機器に使われているほど安全なものです。超音波をコミュニケーションの道具として使う動物もいます。

例えばイルカやコウモリなど。超音波を発することでコミュニケーションを取っています。中でもイルカが発する周波数はコミュニケーションの為だけでなく、イルカ同士のセラピーにも使われているのではないかという研究が進められていて、癒し効果を期待されているのです。

医療機器にも使われ、セラピー等への期待も高まる。
そんな超音波を使って、脳をリフレッシュさせましょう。

脳の疲労の原因

脳への血行の悪化は、脳の疲労の原因です。
見たり、聞いたり、話したり。脳は、五感から受けた刺激を常に処理し続けています。寝ている間も働き続けるため、栄養補給は絶対必要です。
血液に含まれる酸素やブドウ糖などが脳の栄養になりますが、血行が悪くなってしまうと脳は栄養補給できないまま働き続けることとなるため疲労してしまいます。

脳をリフレッシュさせる理由

脳をリフレッシュすることは健康的な体作りの一環です。
脳は全身を制御する、いわば司令塔。疲労していることによって脳神経細胞の活動など人にとって大切な働きが弱まってしまいます。
脳をリフレッシュさせることで、脳が本来持つ働きを取り戻すため、健康的な生活を手に入れることにも繋がるのです。

当社の超音波マッサージャーウルトラーマUltra-Ma)は、各国で特許を取得している安全な医療機器です。
周波数は高くなるほど、空気などの抵抗などによって減退しやすくなります。超音波の中でも周波数が低ければ低いほど、より伝わりやすくなります。
超音波マッサージャーはイルカが発するとされる30kHz程度の超音波を使うことでマッサージ効果を高めています。
微小マッサージと、深部まで伝わる音響振動で頭部の血行を良くします。健康維持や美容のためにも、ぜひご活用ください。

トップへ